カテゴリ:自転車を想う( 23 )

不思議な不思議な ハンナリ自転車  パナソニック レ・マイヨ



e0255969_08452911.jpg



の自転車 不思議な自転車

眺めてハンナリ ふ~わふわ

乗ってハンナリ ゆ~らゆら

眺めてハンナリ イイ気持ち

乗ってハンナリ イイ気分



不思議な自転車 僕にいう

そんなに急いで何処ゆくの

せっかく自転車乗るときくらい

のんびりゆこうよ あせらずに

がんばらないで いれるといいね




の自転車 不思議な自転車

眺めてハンナリ ふ~わふわ

乗ってハンナリ ゆ~らゆら

眺めてハンナリ イイ気持ち

乗ってハンナリ イイ気分



不思議な自転車 僕にいう

今日はあそこに行ってみよう

丘には優しい風が吹く

ゆっくりゆこうよ 気張らずに

今日はハンナリ できるといいね








にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村






[PR]
by ciao-alfa | 2014-05-26 19:14 | 自転車を想う

時代遅れのクロモリロードがやってきた


先日、自分のところへやってきた、

ちょっと旧くて、ちょっと派手な、時代遅れのクロモリロード 

ま、買ったんだけどね、格安で


e0255969_10341945.jpg


全体を軽くバラしたりしてサクッと掃除・グリスアップして、各部確認して組立て、、、

思ったより結構ちゃんとしてて、ほぼこのまま乗れるぜー

と、ここまでは順調だったんだけど、

チューブラータイヤを交換しようと外したら、ヤッパリ、、、


e0255969_11192174.jpg


リムセメントが思いっきりガビガビだ、、、

チューブラーは初めてな自分、、、

うー、話には聞いていたけど、取れんね、コレ、ほんと取れん!

マイナスドライバーでこそぎ落す、なんてもう全然ムリだわー

こういう時の為に一応用意していたリムセメントクリーナーを駆使して、

ぬりぬりガリガリ拭き拭き、悪戦苦闘すること約2時間! 漸くこの位に、、、



e0255969_11364331.jpg


この段階でクリーナーも使い果たし、さて、、どうしたものか、、

ま、もう、別にイイや、これで、、、^^;

この後、セメントは使わず、両面テープで新しいタイヤを装着して、、

さあ、ウレシがって乗ってみようではないか




e0255969_14400286.jpg
おー、イイねえ、この、そこはかとなくジャマイカンな感じ♪



e0255969_15391732.jpg
ゆったりとした風景が似合うねえ、、



e0255969_15400591.jpg
緑の森に置いても引き立つし




e0255969_15410966.jpg
バードウォッチングか、、



e0255969_15403668.jpg
なーんかイイんじゃない?




e0255969_15413812.jpg
花のある風景なんかも悪くナイぞ




e0255969_15424477.jpg



乗ってみて判ったこと、、

それはその旧さと、クロモリフレームと、チューブラータイヤ、、

それらの成せる業なのだろか

乗り味が凄く大らかで気持ちイイ

ロードのくせにトバす気が全然おこらない

ロードのくせにストイックな気持ちに全然ならない

ロードバイクとしては多分失格なのだろう


でも、ゆったり、フワリ、と進んでいく

それでイイ、それがイイ、って思わせる

とても爽やかで、風を感じる自転車だってことだ



e0255969_15420737.jpg

そしてもう一つ、わかったのは、

この自転車はこういう優しい風景に置きたくなる自転車だ、ってことだ



機能は最新のモノとは比べるべくも無いけれど

必要な仕事は確実にこなしてくれる、、

今の自分にはこれで十分だ

いや、見た目も機能も、このチョット旧くてユルイ感じ、、

時代遅れな素な感じ、、

それが、かえって何だかとても清々しく感じるんだ






この自転車は、Panasonic  LES MAILLOTS S (レ マイヨS)、

というオーダーフレームの自転車で、

 恐らく1990年頃のもので、フルクロモリ、

(Sはフォークがハイテンが標準らしいけど此れにはクロモリのが付いている)、

コンポは初期の105で前2枚のリアは7速、

ちょっと調べてみたのだけれど、

当時のシマノのロード向けコンポはDURAと105しかなく、

105は廉価版の位置づけだったらしい、、ふ~ん、ナルホド。

1990年といえば、バブル景気の終わりの頃で、

まだ日本全体がアホアホに浮かれていた。

だから「品質を造り込む」とか「ジャパンオリジナル」、などというメンドクサイ事には

多くの人が目を向けていなかった時代だった。

ま、データ化できない品質までは気も手も廻らなかったのかもしれない。

だから自転車に限らず、この頃のモノには個性や色気が極端に乏しく、

旧きよき時代の手造り感とか工芸品的な美しさ、が全く無い。

今ではそういう価値観が見直され、技術的にも解決されつつある部分もあるようだけれど、

その点では、1990年頃のモノは非常に中途半端なんだな。

この自転車も、フレームは良いとして他のパーツ、例えばコンポの105を見ると、

造形が凄く素っ気なく、無粋無用なアルマイト仕上げで大変にカッコ悪い。

ま、それでも、その後バブルがはじけ、

節操なくコストダウンに走った時代のモノよりは大分マシなんだけど。

何がマシって、見た目は残念なのだけれど、

豊富な資金を開発に(無駄に?)費やした甲斐あって、結構モノとしてはしっかり造ってある、と言うことだ。

ある意味で、1990年頃は一つの頂点だったかな、とも思っている。

それはクルマを見ると良く判ることだ。



ま、何れにしてもこの自転車は、年式的にもグレード的にも、

性能が大したこと無いだけじゃなく

クラシックとかビンテージとかいう世界とも無縁の自転車だということだ。



こいつとこの先、どれ位の付き合いになるか、はまだ判らない

でも、この自転車を自分のものにして、乗ってみて思った



あまり小難しいことはイイじゃないか

ブランドステイタスや、コンポやチューブのヒエラルキー?

そんなこたあ、ま、イイじゃないか

まるで工芸品のように美しいビンテージものの物語は魅力的だ

でも、今それを手にしたって貧乏性の自分は、飾って眺めるだけになっちゃうさ

錆?キズ? イッパイあるけどそれがどーした

小賢しいこと言わずに構わず乗ろうぜ使おうぜ

自転車は乗ってナンボだぜ

自分にとって一番大事なのは

自転車乗って何処行く?

自転車乗って何する?

自転車乗ってどう愉しむ?

ってことじゃないか





そうか、、風を感じられる自転車か、、

そういう事って、カタログスペックには表せないし

専門誌読んだってわかりゃしないさ





少しだけ弄ろう、、そうだな、、イメージは、、

「見ても乗っても幸せな自転車」、だ。





自転車ってやっぱりイイもんだ






にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村








[PR]
by ciao-alfa | 2014-04-28 20:49 | 自転車を想う

「都内に自転車レーン整備」舛添知事方針

     
「新都知事とつくろう、TOKYO自転車シティ」 運動にも署名したりしていた自分としては、

チョット嬉しいニュースがあったのだ。

朝日新聞: 「都内に自転車レーン、計120キロ整備へ 舛添知事方針」


、、、でも、都道120kって生活実感としてどの位なんスかね、、、?

アホなワタシには何だか全然イメージできないんですけど、、

それに国道は、、?、、国道、、、国がやるよね?  6号やって、、、怖いから^^;

ま、きっとその整備はオリンピック絡みの地域が中心になるだろうから、、

そう考えると自分の生活圏もそれなりに入るな、、、(←身勝手発言)



でも、距離以上に大切なのはその中身、、行政のやる事はナンカ心配なんだよ。

一言で自転車道(自転車レーン)って言っても、その形式によって、有効性、安全性、経済性、も様々、、

金だけかかって危険な「ガードレールで囲まれた自転車対面通行」のようなおバカなことだけは止めて欲しいよ。

土地の激高い東京では幅員不足の問題はあるにせよ、自転車道そのものにはそれ程お金は掛ける必要はない、、簡易なもので良いんだ。

ま、「ストックホルム並みにしたい」なんていう  外添知事の発言  を見ると、チョット期待しちゃうな、、楽しみだ。


オリンピックでもなけりゃ、自転車道インフラ整備なんていつまでも経ったって後回しなんだからさ、、

このビッグチャンス、逃すわけにはいかんのだ。

どうか、東京が世界に認められる 「LOHASな都市」 になりますように。。。がんばろ!


e0255969_18424298.jpg
えんやこらさっさっ




にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へにほんブログ村






[PR]
by ciao-alfa | 2014-02-21 19:46 | 自転車を想う

間違えだらけの自転車選び




e0255969_11202712.jpg




どうだろ、300Kくらい走ったかな、ORiBIKE。

君はなんたって、1台3役の重責を担っているのだからな、期待は大きいのだよ。




BROMPTONの機能性に、BILLIONの走行性と、PRIMAVERAの積載性、を合わせ持ち、

彼らのネガな部分も出来得る限り無いに越したことはない、、、

あ~こりゃ大変だ。

、、、待て待て、、、「何でもできる」=「何もできない」、じゃないのか、、?、

それで随分失敗を重ねてきたからな、オレの人生(笑)

ま、失敗だらけの人生も捨てたものではないのかもしれないのだが。

何かモノやコトを選択するという事は、自分が何を求めるのかを見極める作業となる。

「モノ選び」 とは実は 「自分探し」 、なのだよ、ジジイになるとな。



と、云いつつ今回、絶対に譲れないポイントだけでもこれだけあった。

これに妥協してしまうと、3台の愛車を手放してしまった事に言い訳できなくなるのだ。

・16~20インチ折り畳み自転車であること
・できるだけ軽いこと
・リアアエンド巾は130か135であること
・キャリアとフェンダーが綺麗に付くこと
・愛せるグッドデザインであること


ここまででもう、選択肢は殆ど無くなる。

自分としての候補は、ORiのM10 と Speeding Tikit  しか見当たらなかった。

tikit は試乗もしたし、とても気に入った、でも、あまりにも高すぎる。

自分の満足のいく仕様にすると軽く30万以上になっちゃうんだな、円安のせいで。

30万の自転車を毎日の通勤に使い倒すほど、オレは人間デカくない。

「気兼ねなく使える」、という事は、大事なことだ。

その点、ORi M10は、まず吊るしの状態で既に仕様が希望に近く、

元々コスパが非常に高い上に、円安の影響も受けていないのがスバラシイではないか。

一部、乗り易くするためにモディファイは必要だが、それは、どの自転車を選んでも同じことだ。



e0255969_11202730.jpg




こんないきさつで相棒となったORiBIKE、

目論見通り、自分の嗜好や使い方には相当合っている。

 走行性と機能性、そして趣味性とがとても高いところでバランスされている。

まだまだその実力の半分も引き出せていないけれど、

気持良~くスイスイ走って、ダルくなったらヒョイと電車に乗ってしまえる機動力、、

嗚呼、なんて便利なんだろ、

スバラシイ乗り物だ。






[PR]
by ciao-alfa | 2013-11-09 15:55 | 自転車を想う

思い出の愛車 Billion Lionel 2



e0255969_11202659.jpg




里子に出した Billion Lionel 

大切にされているだろか

活躍してるやろか


ま、知り合いに譲ったのだから

聞けば判るのだけれど

聞かないのだ


まるで別れたカノジョに未練タラタラの

女々しいオトコのようなのだ







[PR]
by ciao-alfa | 2013-11-06 19:13 | 自転車を想う

思い出の愛車 Billion Lionel



e0255969_11201788.jpg




いい自転車だったなあ 

こいつばっかり乗ってたもんなあ 

決して高価な自転車じゃないのになあ 

馴染んだんだナ、自分には

今でも未練タラタラだよ 

またいつか乗りたいな 



じゃ 

どうして手放したのか、って? 

それはね 

嫌で手放すとは限らないんだよね 

ま、色々と経験してみたいじゃない 

クルマでも自転車でも 



リカンベントなんかも素敵だよな 

夢があるよ

何だか自由だし

大人な乗り物だ



でもそれはまだ 

ずっと先でいいな 

リタイヤ後の愉しみに 

とっておこうかな 







[PR]
by ciao-alfa | 2013-10-17 19:39 | 自転車を想う

Viva! ORi BIKE M10 Super Light



067


つい先日ワタシの元へやって来たばかりの ORi BIKE M10 。

既に、乗り易いようにチョット手を加えてある、自分仕様だ。


ファースト・インプレッションは、、

ドッシリと安定したハンドリングは思った以上、、

折りたたみ自転車であるが故の華奢さとは無縁なガッシリ感、

硬質ゴムの上を走るような乗り味、

ドラポジもブルホン化でまずまず良好で乗り易い。

但し、試乗でわかっていたものの、、ブレーキはタッチも効きも、、、こらアカンわ。

フィーリングとかタッチの以前にコレはチョット危ない、んじゃないかと思う。

ま、それにしてもこのスタイルは良い、、だから許す。

ゆっくり対策を考えることとしよう。



e0255969_1120881.jpg



大切にしていた3台の自転車が自分の元を去り、コイツがやってきた。

当面、コイツと ventura の2台体制でいく。

さーて、これからこの2台との暮らしが始まる、、とても楽しみだ。

とにかく使い倒そう、、、期待は膨らむ。


Making every ride a better experience , Simplify my life .

LOHAS life with M10 & Ventura joy !





[PR]
by ciao-alfa | 2013-10-05 17:13 | 自転車を想う

Viva! Bruno Ventura Limited edition


e0255969_1120773.jpg


Bruno Ventura Limited edition
Columbus OriginalTube  410mm
Handmade Smooth Welding


451のミニベロだけれど、自分にとっては最速バイク。

このタイプ は現在、 B-ant Brandで 「 Ventura 451 steel 」 としてリリースされているから、 
 
こいつは、最後の Bruno モデルということになるわけだ、Tタイプを除けばね。

この2012 model は、Raw Finish 仕上げであることが特徴の一つなのだけれど、


美しいロウカラーとスムースウェルディング(購入当時)

e0255969_1120784.jpg



噂に違わず錆に悩まされているオーナーが多いようで、そう云う自分もそう。。。

色々と手は尽くしてみたものの、その結論は、、

「錆を完全に防ぐには濡らさない以外にない」けれど、

ガシガシ乗りたい自分にそれはムリ。

と云う訳で、サンドブラスト掛けて錆を落として塗り直してあります。

ま、元からクリア加工だけの素な美しさが訴求するフレーム、、

色は塗りたくないから、コートは防錆剤とマットクリアだけの仕上げ。

出来上がったイメージはチョット、、、アレ。

でもイインデス! This is only one !

何より気兼ねなく乗れるのが一番だから。



そして何より、こいつの乗り味は最高です。

こいつは、、、まさしく、


Day Tripper* ~ !!




[PR]
by ciao-alfa | 2013-09-29 13:45 | 自転車を想う

「筈」の外れた自転車遊び


BILLION LIONEL

BRUNO VENTURA LTD

BROMPTON S6L

BIANCH PRIMAVERA


4台の相棒達に囲まれて、満喫してきた自転車ライフ。

多数所有の歓びと愉しさは、経験してみなければわからないものだから。

でも同時に、多数所有するということは、チョット苦しいということも知ることとなった。


それぞれに役割があり、出番がある筈だった4台の自転車たち。

でも気づいたら、そうはなっていなかった。



毎日の通勤に出動していた LIONEL は、乗り易さとフェンダーもある便利さでツーリングにも良く連れ出した。

雨の心配のない日のツーリングには VENTURA の出番で、その乗り味は他では決して味わえないものだった。

実はこれでもう、、概ね事足りてしまっていた。



本来、世界一の折畳み機構をいかして何処へでも連れて行く筈だった BROMPTON 。

その内装変速の走行感が気になりだしてから、、、

雨の日にガシガシ使い倒して働いてくれる筈だった PRIMAVERA 。

雨でも軽快な走りを求めて しまい、、、

それぞれ乗らなくなっていった。



自分はやっぱり、軽快な走りがスキなんだと思う。

漕ぎ出しの軽い、スポーツミニベロのテイストが気持ちいいんだと思う、じゃないと乗らなくなるんだな。



出番のない相棒がそこにいる。

気付いたら、その事に違和感を感じるようになっていた。

綺麗に掃除をし、メンテもバッチリで保管してある。

出番を待ってずっとそこに、、、飾り物じゃないのに。



どうせ狭いマンション暮らしだ、スッキリ2台体制にしようとまず決めた。

じゃ、使用頻度の高い2台に絞れば良いのか。。。?

事はそう単純じゃない、スポーツミニベロ2台になってしまうから。

乗らなかった2台だって全く出番がなかった訳じゃない。

その稀なシチュエーションでも網羅できる2台でなければならない。



で、随分前から考えていた。

どれを残し、どれを手放すのか。

はたまた、入れ替えるのか。

入れ替えるとしたら、何が良い。

様々な組合せを想定して、幾つか試乗もした。



そして漸く、、、決断した。



VENTURAだけを手元に残そう。

BILLION、BROMPTON、PRIMAVERA は里子に出すことに決めた。

そして、今の生活に馴染むであろう1台を、新たに迎えることにした。


e0255969_11114865.jpg



これを機に、BLOGも引っ越すかもしれない。

元々このブログは、ずっと先に爺さんになった自分への備忘録であり、

フォトストレージ代わりの意味合いが強かった。

ストレージと考えた時、ベターな選択肢がありそうだ。

チョイチョイ、調査中である。
[PR]
by ciao-alfa | 2013-09-29 00:25 | 自転車を想う

自転車と海




e0255969_17351673.jpg






e0255969_17353448.jpg






e0255969_17354862.jpg

[PR]
by ciao-alfa | 2013-08-11 17:36 | 自転車を想う


「自転車とオープンカーのある暮らし」   Making every ride a better experience, Simplify my life. LOHAS & HAPPY-GO-LUCKY life with my vehicles joy ! 


by ciaoTAKU

プロフィールを見る
画像一覧

twitter

画像一覧

World Vision Japan
公式HP
世界の飢餓、貧困、災害、紛争に苦しむ子どもさたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン

カテゴリ

全体
自転車通勤を遊ぶ
散歩や散走を慈しむ
ドライヴを気取る
自転車を想う
自動車を憂う
独りごちる
愛犬を愛でる
花語る
あれこれ云々
その他
舌鼓を打つ

タグ

(148)
(122)
(76)
(60)
(52)
(50)
(41)
(39)
(33)
(28)
(26)
(21)
(20)
(19)
(11)
(11)
(10)
(7)
(6)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

最新の記事

「東京都の自転車走行レーン整..
at 2014-07-17 19:08
「仕事サボってディズニーラン..
at 2014-07-08 16:47
水辺のある通勤路
at 2014-07-03 12:39
自転車と風
at 2014-06-18 08:42
Scenery with V..
at 2014-06-17 08:42
針金細工の自転車
at 2014-06-13 08:49
BBQライドな一日 城南島海..
at 2014-06-10 08:53
Foto romantica..
at 2014-06-03 12:39
いつもの路で 24
at 2014-06-02 12:37
Foto romantica..
at 2014-05-30 12:32

以前の記事

2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
more...

フォロー中のブログ

神戸ポタリング日記
No Blog,No L...
東灘からポタリング
諸行無常の写心 

外部リンク

人気ジャンル

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31